<   2014年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧
風景 メタセコイヤ雪景色
平成26年2月28日 今日の奈良県は、湿った空気や気圧の谷の影響で雲が広がり、朝まで雨の降る所があるでしょう。と予報されている憂鬱な天気のようです。
 昨日9時過ぎ、Uさんが来れれ、引き続いて大阪よりS氏、K氏が来られ打合せを行った。
 近鉄日本鉄道は、3月7日開業する日本一高いビル「あべのハルカス」のオープンイベントで「日本一長いテープカット」を行う。約3キロのテープを300人が一斉にカットするそうだ。テープを約300mの高さにある展望台から百貨店などがある低層階までつなぎ、近隣商業施設などのある「あべのキューズモール」まで延ばすのだそうだ。
 ファミリーマートは、「あべのハルカス」開業を記念して、名称や高さにちなんだ300mmのハムカツと卵サラダなど6種類を3月4日より、近畿2府4県で販売するそうだ。
 今日の写真は、平成17年2月11日、友人と撮影した湖北のメタセコイヤの並木道です。

a0287347_9132840.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2014-02-28 09:13 | Comments(0)
風景 吉野雪景
平成26年2月27日 今日の奈良県は、低気圧が東日本に進み、南から湿った空気が流れ込むため、雨が降るでしょう。と予報されている。
 昨日午前中、例の「こつぶ」を伴い散歩に出掛ける。その後、小学校教頭先生と電話連絡の上、3月度の下校予定時刻表をメールでいただく。午後は、Uさんが訪ねて来られ雑談する。その後、児童見守りメンバーに配布する。
 パナソニックは、竹の葉から取り出した「プラントオパール」と呼ばれる硬質の物質を使って音質を高めたスピーカーを発表している。音を出す振動版の強度が増し、音割れを防いで原音に近く臨場感を出すことができるそうだ。プラントオパールはガラスが主成分で釣り針状の物質。竹の葉に0.5%程度しか含まれないが、抽出方法の開発に成功した。音楽ファンで音への拘りの強い方には魅力的な話であろう。一度聞いてみたい。
 今日の写真は、平成25年、談山神社を訪れた際、道中の森林を撮影しました。

a0287347_129339.jpg




 
[PR]
by hisa3621 | 2014-02-27 12:07 | Comments(0)
風景 美ヶ原樹氷③
平成26年2月26日 今日の奈良県は、高気圧に覆われて朝まで晴れますが、気圧の谷が近づくため次第に雲が広がるでしょう。と予報されている。
 昨日午前中、「こつぶ」と散歩するが、ほどよい天候に歩く姿にも躍動感を覚える。
 新聞よると、糖尿病の新治療薬登場とある。糖尿病の治療には、
 ①インスリンの分泌を促進させる
 ②インスリン抵抗性を改善する。
 ③腸管から糖の吸収を抑制するの3タイプがあるそうだ。
 新薬は、一旦尿に排出された余分な糖質を腎臓が再吸収するのを妨げる形で血糖値を下げ、体重も減少させる。もともと腎臓には、血糖値を一定に保つ働きがあり、尿の通り道の尿細管にある「SGLT2」の働きで血液から尿に排出された糖の90%を回収している。この機能を薬で抑えるのだそうだ。「SGLT2」阻害薬は、リンゴの木の根から見つかり、関係することが分かった「フロリジン」化学物だそうだ。糖尿患者は小生も含めて、①②③の治療薬を飲み続けなければならず、新薬出現は期待されるところだ。
 今日の写真は、昨日に引き続き美ヶ原 王が頭ホテル(標高2000m)周辺の樹氷です。

a0287347_1143405.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2014-02-26 11:44 | Comments(0)
風景 美ヶ原樹氷②
平成26年2月25日 今日の奈良県は、高気圧に覆われて晴れるでしょう。と予報されている。
 昨日午前中、何時ものように「こつぶ」と散歩に出掛けた。日差しは暖かくなってはきているが、時折吹く風はまだ冷たく、遊歩道わきの桜木の花のつぼみはまだ堅い。
 午後、この陽気に触れたのか、単なる老人ボケなのか、国会予算委員会の質疑を観ていたが、うっかり児童の見守り活動に出掛けるのを忘れる失態をやらかした。可なりショックである。
 最近、東京都の公立図書館では、本のページ破られ事件があった。平成14年にも舟橋市の市立図書館で著書が大量に廃棄されていた。司書が独断で手続きを進めていたそうだ。
 「焚書坑儒(フンショコウジュ)」という言葉があるそうだが、これは秦の始皇帝が行った主として儒家に対する思想言論弾圧。医薬、農事などの実用書以外の書物を焼き捨て、皇帝に批判的な学者を坑(アナ)に埋めて殺したといわれる。転じて、学問や思想に対する弾圧をいうそうだ。この2件の出来事は、思想信条に沿わない著書の焚書につながるかもしれない。
 今日の写真は、美ヶ原王が頭付近の樹氷です。吹雪でよいものは撮れませんでした。

a0287347_1023228.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2014-02-25 10:02 | Comments(0)
風景 美ヶ原樹氷
平成26年2月24日 今日の奈良県は、高気圧に覆われ概ね晴れる。と予報されている。
 21日 交番より巡査部長が来られる。午後には自治会長や病院関係からも来られた。
 22日 近隣の方が立ち寄られる。昼食は娘夫婦がインターネットで探した店に行った。
 昨日は、午前中、3月提出の活動報告書を作成する。夕方には娘夫婦たちとと鍋を囲んだ。
 今朝は相変わらずの冷え込みで、玄関脇の手水鉢の水も凍っている。明日からは気温は3月末の陽気だとか。待ち望んでいるのは小生だけなのだろうか。
 今朝は少々眠い。過日求めた「迷わない」櫻井よしこ書を夜中過ぎたころより読み続ける。テレビなどで見られる、物怖じしない、よどまない鋭い発言と度胸なども理解できる気がする。宗教についても、神道と仏教の融合した日本では、自然への敬いを基本に宗教観が形成され、自然体でいられる。世界では、ヒンズー教、イスラム教、キリスト教があり、激しいせめぎ合いを繰り返している。と書かれている。次は、「明治人の姿」長岡藩の家老の娘、杉本鉞子(エツコ)を読みたい。
 今日の写真は、平成17年、仲間3人と出掛け撮影した美ヶ原王が頭山上の樹氷です。

a0287347_10511585.jpg
    
[PR]
by hisa3621 | 2014-02-24 10:51 | Comments(0)
風景 室生寺雪景色
平成26年2月21日 今日の奈良県は、高気圧に覆われて晴れますが、昼前から夕方にかけて、気圧の谷や寒気の影響で雲が広がり、雨や雪のところがあるでしょう。と予報されている。
 昨日午前中、「こつぶ」と散歩に出掛けたが、寒さに咳をするので引き返した。午後からはホームセンターに「こつぶ」を伴い社会馴れのため、買い物に出掛けた。
 政府観光局は、1月に日本を訪れた外国人旅行者が94万人だったと発表した。前年同月比41.2%増で、1月としては過去最高となった。落ち込んでいた韓国、中国人客も伸びている。東南アジアの観光ビザの緩和や、円安による割安感が大きいそうだ。
 JR西日本が訪日外国人旅行客向け商品の拡充に乗り出す。期間限定で、北陸と山陰、岡山の両エリアの乗り放題切符の販売を始める。訪日旅行客の誘致を図るためである。
 今日の写真は、平成23年2月15日撮影した室生寺の雪景色です。シャクナゲと対比するため挑戦しましたが途中の道路は雪深く大変だった。

a0287347_10455623.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2014-02-21 10:46 | Comments(0)
風景 白川郷雪景色
平成26年2月20日 今日の奈良県の天気は、気圧の谷や寒気の影響で雲が広がりやすいでしょう。と予報されている。
 昨日午前中、N会長、老人会会長、副会長と諸問題について協議説明する。
 午後、来客のあり、夜にはS氏が訪ねて来られ、懸案の問題について補足説明する。
 新聞による暴力団関係のニュース記事に「みかじめ料」と云々とあった。聞きなれない言葉で意味合が分らないので調べてみた。「みかじめ料」とは、暴力団のシノギの一種で、縄張り内にある風俗店や飲食店などから徴収する用心棒代・ショ場代・挨拶料など受け取る金品をいうそうだ。
 語源は、毎月3日に支払わせるという説や3日以内に支払わなければ店を締め上げるという説があるが定かではないそうです。また、用心棒代、守料などをカスリ(掠り 上前をはねる)ともいっているそうです。
 今日の写真は、昨日に引き続き、白川郷の雪景色です。降り注ぐ雪と柿木、茅葺の小屋が気に入り撮影しました。当日、朝から雪は降り止まず、撮り辛く寒かったのを覚えている。残念なのは雪を止めて撮影しなかったことです。フイルム写真です。

a0287347_10154234.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2014-02-20 10:15 | Comments(0)
風景 白川郷雪景色
平成26年2月19日 今日の奈良県は、気圧の谷や寒気の影響で雲が広がるでしょう。と予報されている。
 昨日午前中、何時ものように「こつぶ」を伴ってエコパークまでの往復を散歩する。
 午後、Iさんが来られた。薇を頂き2つ話題に意見を交わす。夕方にはNさんが訪ねて来られた。
 過日新聞によると、ニチニチ製薬は、同社が開発販売する酵素処理乳酸菌「LFK」にインフルエンザによる肺炎を抑える機能があることを証明し、特許を取得したと発表した。炎症メカニズムに直接作用するため、肺気腫や気管支炎など、炎症による肺疾患への効果も期待できるという。
 マウスを使った実験では、インフルエンザウィルス感染後の生存率が30%改善した。過剰な炎症性細胞の肺への浸透が抑えられ、呼吸器機能に重要な細胞に分化する。これらにより肺機能障害が緩和されることが確認されたそうである。高齢者多い肺炎患者に効果を期待したい。
 今日の写真は、平成15年2月、白川郷への旅で撮影した雪景色の中の1枚です。

a0287347_8451256.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2014-02-19 08:44 | Comments(0)
風景 大極殿雪景色
平成26年2月18日 今日の奈良県は、日本の南海上を東に進む低気圧や寒気の影響で雲が広がり、昼前にかけて雪の降る所があるでしょう。と予報されている。
 午前中、日差しを見て「こつぶ」と散歩する。
 午後は、児童見守りのため、公園横の交差点でTさんと低学年の下校を見守った。
 現在でも街の所々に残雪がある。紙面によると、関東甲信と東北の記録的な大雪の影響で9000人以上が孤立している。幹線道路では車の立ち往生が続いている。大雪による死者も8県で19人に上っている。故郷は雪に見舞われるので状況(寒さ・孤立など)は推察できる。
 今回の大雪で、気象庁は特別警報を発表しなかった。「50年に1度の積雪深」である41センチを超えたのは午後5時。発表時点では基準を満たさなかったからだそうだ。
 「特別警報」とは「直ちに命を守る行動を取って」と呼びかける警報で、危険度の高い地震、津波、噴火、のほか「十年に1度」の大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪の6種類がある。特別警報は、各都道府県、警察、消防などに連絡、市町村を通じて住民に伝えられるそうだ。
 今日の写真は、過日の大雪の際、大極殿を撮影したが、雪は降り止まず適当に撮影した。

a0287347_11145971.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2014-02-18 11:14 | Comments(0)
風景 浮見堂雪景色
平成26年2月17日 今日の奈良県は、はじめ高気圧に覆われて晴れますが、気圧の谷や寒気の影響で次第に雲が広がり、昼過ぎから雨や雪の降る所がある見込みです。と予報されている。
 過日のM氏との話題にロシアがあった。ロシアは日本の4.5倍という広大な国土面積を持ち、人口は、1億4千万人である。その人口はソビエト連邦崩壊後減少し続け、国の弱体化につながるとして懸念されているのが「人口減少」問題だそうだ。毎年50万人から100万人ペースで減少している。このため中国人労働者の流入や中国資本によってロシア極東が飲み込まれてしまうという危機感が根強い。人口の流出を防ぐため、シベリヤ開発を進め、産業を育成し、経済を発展させることが必要なのだそうだ。人口減少の原因は、出生率の低下、男性の平均寿命は63歳で高齢化も進行、経済と生活水準の悪化、医療・衛生状況の悪さ、過度の飲酒、社会混乱、若者のヨーロッパ流出などである。
 この状況下での日・ロ交渉が領土・平和条約問題などについて進展が見られるよう期待したい。
 今日の写真は、浮見堂の雪景色です。左は26年2月14日、右は平成16年の撮影です。

a0287347_10175439.jpga0287347_101827100.jpg
[PR]
by hisa3621 | 2014-02-17 10:18 | Comments(0)