<   2013年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧
雪景色⑰
2月28日  2月も今日で終わり明日からは、愈々 弥生の季節です。気温も心なし暖かい。
 昨日は、朝から車の定期検査の打合せとあすか野M夫人に御足労をお願いし、トイプードルの見学に2店を巡る。この度初めて犬種や品種(?)について多くのことを勉強した一日となった。Mさん大変お世話になりました。夜は、娘夫婦も来宅し、遅くまで歓談する。
 今朝は、忘れていたいくつかの要件を処理しなければとメモ書き、ボケ防止対策なのです。
 写真は、昨日に引き続き、小鳥の躍動感を求め粘り強く撮ってみる。僅か一枚でも満足できる写真が撮れれば完成なのだが、そう簡単ではなく動きも素早く難しい。この鳥はヤマガラ、シジュウガラでもなく名前は分りません。分る方おられますか。
 
a0287347_828404.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2013-02-28 08:28 | Comments(0)
雪景色⑯
2月27日 早朝に目が覚めた。まだ暗い中、習慣となっている天候を確認する。どうやら昨夜からの降り続いた雨は上がったようだが曇天のようだ。
 数日前から挑戦している小鳥の写真は、昨日は光線が弱く、透明感や躍動感を出せそうもないので中止する。近頃、小鳥は少しは馴れようで餌を待っていて、庭に出ると数羽のヤマガラが盛んに囀りながら身の周りを忙しく飛びまわる。私の掌から直接餌を捕ることはないが、至近距離の2mまで近付き、少し警戒気味に餌を捕って行く。掌から直接餌を捕るのもそう遠くないようだ。
 写真は、2月25日撮影しました。この鳥はヤマガラではありませんが飛び立つ瞬間です。

a0287347_539473.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2013-02-27 05:39 | Comments(1)
雪景色⑮
2月26日 今朝も寒い朝だったが、例の手水鉢は凍結はしていなかった。
 昨日は、午前中小用と小鳥の撮影に再度チャレンジする。思うようには撮れないものです。
 午後は、住宅地内の保育園の協議会に出席する。小さな園児が無邪気に遊ぶ姿は実に可愛く見ていて飽きない。住宅内では、現在、集合住宅210戸、戸建住宅約150戸が引き続き建設されている。更に若い世帯の入居は増えるだろう。地域として、その方達への子育て支援は必要であり、その為に施設は不可欠であろう等街づくりの経緯を考えながら協議する。
 写真は、小鳥の躍動感あるシーンを求めて毎日のように撮影しているが、今も気に入ったものが撮れていない。もう少しチャレンジしてみよう。2月24日撮影。

a0287347_9424725.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2013-02-26 09:43 | Comments(2)
雪景色⑭
2月25日 今朝の冷え込みも一段と厳しい。手水鉢にも氷柱と氷が張っている。柄杓の底で叩いたが割れそうもない。ただ、近頃、雲間から射す光は明るく確実に春は近づいている。
 昨日午前中は、小鳥の撮影にチャレンジしたが、後で確認するとピンボケが数多くある。原因は、AFエリアモードがダイナミックAF・51点モードに変更ができていないミスだった。
 昼食は、あすか野Mさんとスシローに行ったが土曜日とあって、家族連れなどで混雑していた。帰りはMさん宅に寄り、コーヒーを御馳走になる。夫人も交え雑談で何時ものように時間を忘れるが、前にも触れたが、家庭にいた方が外部に出られて、なぜ的確な指摘や判断ができるのか分からない。多分潜在的に秀でた資質を持ち合わせておられたのだろう。
 足元ではレッドの小さなトイプードルが、背伸びし前足で私の脛に合図してくる。ショップで教わった通りに掌をトイプードルの腹部にあて、抱き上げると大人しく安堵した顔をする。彼らは賢く、人に愛されることが何を意味するか分かっているのだろう。人の方も犬に愛情をかけても裏切らないことを知っている。結局お互い信頼関係で結ばれているようで、それが癒しとなるのだろう。
 写真は、失敗の中に意図するシーンも撮れていた。動きのあるベストの3枚を掲載します。ひまわりの種を咥えて飛び上がった瞬間で、逆光に翼が透け躍動感がある。背景の小枝が残念。

a0287347_20224240.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2013-02-25 09:12 | Comments(0)
雪景色⑬
2月24日 今朝は高圧線の風切り音で目が覚めた。多分気象変動で、風が強く吹いているのだろう。寒さを覚悟して、例の手水鉢の水を確認すると氷は張っていなかった。
 昨日、午前中は例の小鳥の撮影を試みたが数枚撮って終了する。途中から気分が悪くなる。
 午後は、定例の民生協議会に出席する。研修の途中で退席しトイレに駆け込み少し吐く。高齢者で、大病を患い、持病もあればこの程度のトラブルは日常で、覚悟をしていなければならない。
 写真は、昨日ブログで、撮影方法について取り組みを書き入れたが、数枚を撮影したところで失敗に気が付いた。原因は分かっているので再度挑戦したい。
 自然、背景等意図するところ分って頂けますか。テーブルの上での撮影では、飛び立つ瞬間も撮れています。小鳥とカメラの距離は、約1.5m程度で、石の上では約3mあります。
a0287347_7495421.jpg

 
[PR]
by hisa3621 | 2013-02-24 07:49 | Comments(1)
雪景色⑫
2月23日 今朝も寒さは厳しいが、例の手水鉢の水は凍っていない。天気は晴天で穏やかだ。
 昨日で虫歯の治療は漸く終った。思わず助かったと先生に言って笑われた。これで受け付けの美人とも暫しのお別れとなる。
 午後は、庭に多く飛来するヤマガと名は分らないが同程度の大きさで頭は黒く、頬は白く、肩口は黄緑がある、腹部は白、羽根には白の線が入った綺麗な鳥がいる。貴婦人のような小鳥だ。
 撮影場所はテーブルでは人工的でそぐわない。庭石(約4トン)の上なら自然で、背景もぼかすことができ、小鳥を引き立てられる。また、動きを求めるなら、テレコンは使わず、AF・51点、フォーカスAF-Cコンティニュアスサーボの高速シャッターで連写してみよう等より効果を考えた。
 写真も他の趣味と同じで、同じ場所の風景でもより付加価値を求めて、同じ場所に何度も足を運んで撮影している。ただし、報われることは数少ない。ただ、目的が達成された時の喜びは一入大きく、そこには満足感と進歩が生まれると考えている。
 写真は、過日の談山神社辺りの杉の植林が雪を冠り綺麗だったので蛇足で撮ってみました。
a0287347_9361928.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2013-02-23 09:17 | Comments(1)
雪景色⑪
a0287347_20245899.jpg
2月22日 昨日、今日と手水鉢には氷が張っている。氷を柄杓の底で割り、飛来する小鳥の水飲み場を確保してやる。
 気になっていた寒肥は、骨粉入り油粕と遅行性の化成肥料を混ぜて庭木に施す。これで春を迎える準備は万端整った。午後は、写真の編集に時間をかけた。微妙な感覚の違いで仕上がりが大きく変わるので、気が付けは何度でもやり直すことがある。 
 カメラは、Rowに設定しており、編集には、高価なAdbeより、連結しているニコンNX2を使用している。現像セクションのカメラの設定で解凍し、ホワイトバランス、ピクチャーコントロール、クイックフィックス、トーンカーブ、コントラスト、明暗、カット、色づれ補正、白とび、黒とび等数項目の条件を合わせ編集する。この作業は結構楽しいものです。ただ、彩度は触らずできる限り、自然の色合いを大切にしている。保存は比較的劣化しにくて情報量の数倍するtiffにしている。
 (ブログは情報量の少ないJPEGしか受け付けない) 
午後は、庭に来る小鳥の撮影に2時間ばかり遊んだ。これは楽しいものです。
夕刻は、民生関係で独居高齢者の安否確認にお宅訪問する。元気で明るい顔見れば安心する。
 写真は、談山神社の雪景色です。多武峰観光ホテルのベランダから撮影したものです。
[PR]
by hisa3621 | 2013-02-22 09:31 | Comments(0)
雪景色⑩
2月21日 火曜日は朝は、何時するように天候を確認する。歩道には雪が積もり降り続いていた。雪国で育った私には雪がこれ以上積もらないことも分っている。10時頃になって各地のライブカメラで確認すると吉野は積雪が確認できた。撮影を決断し、軽自動車のパジェロミニに乗る。車はジープ機能の4Wがあり、スタットレスタイヤも装着している。ただし、タイヤは4年を経過しており機能は余りないだろう等考えながら運転する。奈良辺りは積雪、降雪はなく、半ば諦めながら運転したが、吉野に入ると景色は一変する。道路は一面積雪している。安全を考え、蔵王堂を通過する道を選んだ。緊張の高まる中、中千本に到着する。上千本までの道は更に狭く急坂やカーブもある。一気に緊張感は高った。何とか何時もの場所に到着したが他に車はない。徒歩でポイントに行き、蔵王堂を確認したが雪と霧で見えない。暫らくして諦め下山する。急勾配とカーブを慎重に下ったが約1mばかりスリップし、ハンドルと反対方向に進む。一気に緊張感は高まった。
 下のポイントから見る蔵王堂は雪と霧に霞んでいたが少し現れたので撮影する。帰路は、370号線を使用し、談山神社を目指した。この道路も雪が多くて人影もない。多武峰観光ホテルで遅めの昼食を取り、5Fのベランダから雪景色を撮影し帰路に着いた。
 
a0287347_8442579.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2013-02-21 08:44 | Comments(0)
雪景色⑨
2月20日 月曜日は、朝から激しく、冷たい雨が降り続いた。Mさんによれば、月曜日の温泉は浴槽の清掃がなされ水質が綺麗なんだそうだ。早速一緒に温泉入浴と決めた。こんな寒く、氷雨の降るような日の入浴は心も身体も温まる。幸い平日客も疎らであった。その後は、イオンにたちより買い物と食事をする。
 夕刻は、お借りした百田尚樹氏の小説「永遠の0」を深夜にかけて読み終えた。
 ある姉弟が祖父のルーツを探ってゼロ戦関係者を訪ねる話であるが、正式名称は三菱零式艦上戦闘機だそうである。通称零戦の話が中心となり話が構成されている。零戦と云えば小学校の頃、友人から借りた本が坂井三郎の「大空のサムライ」だったと思う。内容は良く覚えていないが、零戦、撃墜王、視力、瞬発力を鍛えた話に興奮し、一気に読んだことを今も覚えている。
 写真は、私にも大変気に入った写真が数枚あるのですが、日曜日に掲載した「石や塔」の写真はその一つなのです。
 昨日、雪の吉野と談山神社に出掛け撮影しました。詳しいことは明日以後書き入れします。
a0287347_216291.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2013-02-20 10:31 | Comments(1)
石や塔
2月17日 昨夜からの寒波は厳しく、今朝は、例の手水鉢も凍結し、筧から時折落ちる水滴が氷柱となってつながっている。
 昨日は、自主防災機材の紛失ボルトの補充・発電機の起動不良について、納入業者と点検確認する。その後、病院で眼科の定期検診を受ける。眼底の歪は改善されているとの診断結果の報告を受ける。一安心するが時折眼が見えなくなることについては原因は分らないそうだ。
 夜は、推薦委員会に出席する。委員(副会長)の方は一応に、会長は2期されるのが望ましく、副会長が次期の会長されるのが良いのではないか。との意見だった。自分自身は仕事の関係で受けられないそうである。どうも委員会立ち上げの趣旨や流れが理解されていない。
 予定を変更して、下北山石や塔の写真を掲載します。平成19年12月4日 大腸手術後間もない頃で、寒くて震えながら雨が降り続く中、撮影しました。背景の霧は、時折流れくる雨霧です。
 フイルムカメラで撮影しました。
a0287347_6495628.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2013-02-17 06:50 | Comments(0)