美ヶ原の霧氷②
2017年2月9日 木曜日雪
 今日の奈良県は、日本海や四国沖を低気圧が東北東に進むため、昼過ぎにかけて雪や雨が
降るでしょう。と予報されている。
 7時前シャッターを開けると雪が降っている。足早の通勤者の合間を縫って児童数人が集団となり、降りしきる雪の中を赤や黄色緑と色鮮やかな防寒具に身を包んで傘をさしながら登校している。
 8日 8時を過ぎると何時もは、「こつぶ」は私の膝に登り眠っている。やがて時間が過ぎるとそれでは収まらない。後ろ足で立ち上がり、前足で激しく膝を掻き、庭に出ることを強請ってくる。
 この状態になると辛抱の限界なのだろう。作業を中断し庭に出て遊んでやる。
庭では新しい季節の芽吹きを感じさせている。クリスマスローズは花芽を大きく膨らませ、ボケの花芽も着実に大きく膨らんできた。春の訪れはそう遠くはないだろう。
寒椿は相変わらず次々と赤い花を開いては花びらを散している。
 今日掲載する写真は、2005年2月18日撮影した美ヶ原で撮影した樹氷です。

a0287347_08540219.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2017-02-09 08:54 | Comments(0)
<< メタセコイヤの冬景色 白川郷の雪景色 >>