新舞子の干潟①
2016年12月27日 火曜日雨
 今日の奈良県は、低気圧や前線の影響で昼前にかけて雨が降り、南部を中心に雷を伴って激しく降るところがあるでしょう。
 その後は曇りとなる見込みです。と予報されている。
 26日 朝早くIさんが訪ねて来られた。
9時30分 T先生宅をIさんと訪ねる。コンサート出演の謝辞とプリントした写真を持参した。
 午後、ガレージ、側溝、植栽と落葉が激しく「こつぶ」と清掃する。
16時30分 京都の友人宅へ泊っていた娘が帰ってきた。
その後、K氏、S氏が訪ねて来られた。議論を重ねた懐かしいメンバーの消息や活躍と話題は尽きない。中でも出世された方や出向から戻られた方もおられ時代の経過を感じる。
それぞれエリートであり、人柄もよいからだろう。
 今日掲載する写真は、2007年12月28日撮影した新舞子の干潟風景です。
写真家緑川洋一氏の「瀬戸内慕情」にはるかに及ばないが、干潟の砂紋は風の向きや波の具合によって日々変化するとは言え、当時には近くの河川に堤防はなく、運ばれる砂の量も変わったのであろう。

a0287347_915498.jpg

a0287347_9334454.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2016-12-27 09:15 | Comments(0)
<< 新舞子海岸の干潟② クリスマスコンサート >>