新潟の夕日の棚田
2016年12月14日 水曜日晴れ
 今日の奈良県は、冬型の気圧配置となり、寒気の影響で雲るでしょう。夕方からは産地を中心に雪の混じるところがあるでしょう。と予報されている。
 13日 友人N氏と私市で待ち合わせし、高の原で映画「海賊と呼ばれた男」を観賞する。
百田尚樹氏の小説を山崎監督により映画化されたものだった。
 この小説は一晩で読み切るほど夢中になったことを覚えている。
 出光興産創業者の出光佐三氏の一生を描いたものだ。
監督曰く、「終戦直後のあの時代皆が下を向いていたとき、とんでもないことを仕出かした男たちがいた事への驚きが原動力」となったそうだ。重大な決断とその実行力、統率力に驚く。
 その他返済不要と資金協力した日田重太郎氏、ラストシーンではある事情から主人公の傍を去った妻ユキの姪が表れるのも印象的だった。
 今日掲載する写真は、2014年11月11日松之山・十日町撮影旅行の際撮影した大荒戸の夕陽の棚田です。夕焼けとはならなかったが忘れられない思い出の一枚です。

a0287347_925474.jpg

[PR]
by hisa3621 | 2016-12-14 09:25 | Comments(0)
<< 朝焼けに舞う 朽木村紅葉 >>