風景 三多気の桜
平成27年4月15日 水曜日
 今日の奈良県の天気は、気圧の谷や上空の寒気の影響で雲が広がり、朝までを中心に雨が降るでしょう。また、大気の状態が非常に不安定となるため、夕方にかけて雷を伴うところがある見込みです。と予報されている。
 13日月曜日 午前中児童見守り活動に出掛ける。新1年生11名初めての先生付き添いによる一斉下校日であった。当地域で新1年生への入学は総勢160名だそうだ。
 14日火曜日 早朝3時50分起床 小雨降る中、三多気(三重県)の桜撮影に出掛ける。6時前現地到着したが、既に40名ほどのカメラ愛好者が薄暗い 中撮影していた。この時間帯では水田の水面には桜の映り込みが確認できたが、次第に小雨模様となり映り込みは消えていった。隣のカメラマンは茨城の方で数日間滞在しており、その隣の高齢者の女性は埼玉に居住しており、京都、奈良と桜を追っかけての撮影の旅をしているそうだ。今年は桜は盛りを過ぎており、陽ざしも望めず平凡な写真となった。
 帰宅途中には小雨状況の中、何時もの小川沿いで「こごみ」を採取する。頃合いに恵まれ、太くて短い「こごみ」を摘むことができた。早速、水洗と水切りを施し知人宅数軒に配った。
 「こごみ」とは、シダ科の植物の一種で、イワデンダ科の多年シダ。高級料亭や流通している希少価値の高い曲の少ない山菜である。その後、児童見守り活動に出掛ける。
 今日掲載の写真は、14日今年の三多気の桜風景である。日差しがないこと、花時期が遅かったこと非常に残念な結果となった。
a0287347_1015615.jpg
a0287347_1032088.jpg

a0287347_1044522.jpg
[PR]
by hisa3621 | 2015-04-15 10:04 | Comments(0)
<< 風景 又兵衛桜 風景 吉野山桜 >>