風景 茶筌用竹の寒日干し
平成27年2月12日 木曜日
 今日の奈良県の天気は、気圧の谷やこ寒気の影響で雲が広がり、雨や雪のところがあるでしょう。と予報されている。
 9日月曜日 近隣高山の冬の風物詩となっている茶筌用竹の寒天干しを撮影に出掛けた。
午後、児童下校時の見守り活動に出掛ける。時々雪が舞い、風も強く寒い中での活動となる。
 10日 火曜日近くを「こつぶ」と散歩に出掛ける。夜娘夫婦が訪ねてきた。
 11日 過日掲載の茶筌用竹の寒天干しの写真がどうしても気に入らない。事前調査のうえ、再度撮影に挑むことになった。今朝も近頃の厳しい寒さに庭の手水鉢は例外なく凍っていたが、氷柱は出来ていない。多分昨夜の強い風に滴る水は凍る間もなく、吹き飛ばされたのだろう。現地に到着するも一子相伝されている谷村家周辺では格好の撮影場所は見当たらない。他所での撮影となる。
午後、Uさんが訪ねて来られる。雑談に話は弾んだころ、T県会議員が訪ねて来られる。その後、Uさんとは「基本協定書」「覚書」をコピーし、各委員メンバー宅へ配布する。
 18時、会長、N氏が訪ねて来られ、次期会長選出についての意見を交わし協議する。
その後、夜遅くには娘夫婦が訪ねてきた。
 今日掲載の写真は、昨日撮影した茶筌用竹の寒天干しの風景です。当日、久し振りに青空と雲が望めたのでより際立つよう、PLフィルターを使用したが順光のため効果少なく、また、上空との露出差を配慮し、NDフィルターを使用した。更にAE・AFを竹にロックして撮影を試みた。
a0287347_10151650.jpg

 
[PR]
by hisa3621 | 2015-02-12 10:15 | Comments(0)
<< 風景 古座川の海霧② 風景 古座川の海霧① >>